九州豪雨支援活動レポート 7/15 (愛知発 第2陣)



九州豪雨 先陣隊 6日目

今日も日田市は暑い一日

さらに熱気も暑くなりました!! 今日は、愛知人メンバーが合流し、 さらに愛知ボランティアセンターさんがバスで合流。 レスキューストックヤードさんから資機材搬入。 今日は愛知県率が高い日田市でした!


作業組は、今までの継続作業も含めて、新しいニーズにも着手して、愛知ボラセン、一般のボラさんとともに、暑い中一日作業を頑張ってくれました。 あ!忘れちゃいけない最強助っ人も現われた!! どんどん綺麗になっていくお家の姿。 一日でも早く元通りの生活が送れますように!

私は山あいへさらにニーズ調査。 住人さんが 暑いのに大変だね!ご苦労様だね!と声かけてくださる一言が元気になる一言!! みなさんにお話聞くのも少しずつ慣れてきました! 世間話の中にも、要所は掴んで説明して! お家のために大切なことはきちんと伝える! 私が年だから、もう私が住めるだけでいいから。 そんなことを耳にします! どこのお宅に行っても、大切な家を大切に守ってほしいから、顔見て話して伝えてきます!

明日からは大鶴サテライトも開設されてボランティアの受け入れも増えて山あいのお家に早い時間に向かえるようになります。


7/15 今日の活動について。

大分県日田市は聞いていた通り尋常じゃない暑さでしたが、これでもか〜!というくらい水分を摂りまくった結果何とか乗り切れました (^◇^;)

日田市内から少し山手にある大鶴地区という所で明日から社協ボラセンの「大鶴サテライト」が始動しますが、そこを拠点としてご近所宅の泥出しをお手伝いしました。

金曜日の夜から移動した愛知人メンバー6人は3件のお宅に分かれ、僕は川沿いのお宅ともう1軒で主に養生貼りを行いました。( 川島さん全身泥だらけでのモグリおつかれさまでした)


写真のお宅の浸水は目の前の川ではなくて、逆方向の山側から水が溢れ辺り一帯が大河の様になったそうです。(※写真撮影は家主の方に了承いただいています)

愛知ボランティアセンターのボラバス隊( https://www.facebook.com/aichiborasen/ )の方たち、日田市ボラセンから来た方たち、みなさまでかなりの泥が掻き出されました。

僕は五十肩がひどくて匍匐前進が出来ず…今回は主に養生貼りと一般ボランティアへの作業指示などを行いました。

若者からご高齢の方達まで幅広い方たちが集まっていました。1人の力は小さいかもしれませんが、たくさん集まって繰り返す事で巨大な力となります。

まだまだ人手が必要です! by 堀さん

九州北部豪雨水害災害支援活動(7/14〜15)

14日(金)の午後に神奈川を出て、愛知県春日井市を経由して15日(土)の朝に大分県日田市大鶴地区に到着。

集結地点の大鶴地区の農協で、早速マッチングの打ち合わせ、同日に大分入りしていた「愛知ボランティアセンター(略して愛ボラさん)」さんとの作業…


Sさん宅は床下浸水の被害だったが、床下は推定5〜10cmの泥が堆積 泥と言っても、ほとんどティラミスかチョコレートムース状態で掻き出すのに一苦労

開口部以外はいわゆる「モグラ」になるしかない…

モグラ経験ある人がいない…ってなことで、俺…

モグラになりました…

床下はみえている部分とは比べ物にならないくらい柔らかいドロ 掻いても掻いても湧いて出てくるように泥が…

最初はギクシャクしていた愛ボラさんとの作業も、次第に息があってきた! 午後からは一気にふた部屋ドロ出しへ…

15:30に作業終了、片付けへ… 一日目のSさん宅の作業は愛ボラさん10名、一般ボランティアさん10名 その他の方々も合わせると約30名で行いました。

連休初日ということもあってか本当に多くのボランティアさんに手伝っていただきました!

0泊3日の強行ツアーで来て下さった愛知ボランティアセンターの皆さんを見送って、宿舎に帰りました。

まずは、一日目… お疲れ様でした… そして、出会った全ての方々に感謝です。 ありがとうございました(=^・^=)  by川島さん

協賛団体・企業

patagonia.png
%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%
102706263_974946196255519_19068364985941
akaihane.png
nihonzaidan.png
real_style.png

Copyright (C) 2019 災害ボランティア団体 愛・知・人 All Rights Reserved.

愛知県春日井市上条町 5-100 栄林ハイツ第二 102
MAIL:aichijin0311@gmail.com

愛知けん君_吹き出し付.png