九州豪雨支援活動レポート 7/31



おはようございます

朝から暑い日田⁈まだいます!am6:30

大鶴サテライトに備品を置きに来たら 子供たちと住人さん。


ラジオ体操の時間

愛知に帰る前に、ラジオ体操を一緒に!!

今から愛知に出発します!

2017/07/31(23日目)活動報告

本日は新規のニーズ 床下倉庫の泥出しと清掃です 親方、ハマさん、衛藤さん、西村の4人の作業でした… 床下倉庫に降りると、中階になっる床下があり こちらはカラカラに乾いた泥でした 中階の方はワイパーでかき集めチリトリで集め土嚢袋へ 床下は泥カキ出し、高圧洗浄機で洗浄、ポンプ、掃除機で吸い上げ完了させました が、14時過ぎにカミナリが鳴り始めた為に部屋の清掃は諦め、継続になりました 明日、朝一で部屋内の清掃に入ります by西村さん


今回は土日と二日間で一軒のお家にて、一階の壁や断熱材撤去やサッシ根太などの清掃、コンクリート土間の洗浄をさせてもらいました。

老夫婦二人で住んでいたらしく約1,5メートルほど水没したそうで、部屋内にはかなりの土砂が入ったそうです。 その時の話や世間話しながらボチボチさせてもらいました。 ニーズ完了はできませんでしたがケガ人や体調を崩した人もおらず、後に入ってくれる人が継続してくれてくれるかと思います。


今回も活動協力してくださった方や募金活動してくださった方の協力のおかげで、有意義にお手伝いさせてもらいました。 ありがとうございます!

体力に自信がなくてもできるお手伝いは沢山あり、その日の内に終わらす必要もありません。 興味がある方は参加してみませんか? by辻モン

7/29.30の2日間、初めて愛知人にて日田での活動に参加させて頂いた静岡人、根っこは宮崎人の河野と申します。 両日ともにかなり暑く、正直、朝の9時半の段階で吐きそうになってました。 OS-1が美味しく感じられたらピンチと友達が言ってましたが、平時に飲むとしょっぱ過ぎますが、今回は「命の水」のごとく、これで生き返ることが出来ました。 作業途中で差し入れで頂いた冷えたタオルも大変ありがたかったです。

東峰村で活動していた友達の話では、リーダーが午前中から頻繁に休憩を取っていた様ですが、参加者から「もっと早くやりたい。」「遊んでるみたい。」といった声が上がってた様です。 若い人たちの気持ちも分かりますが、真夏の作業は本当に危険。今回、改めてそのことを感じました。

今まで、東日本大震災、水害復旧のお手伝いをしてきてましたが、個人ボランティアでの参加が多かったので、今回、愛知人の活動に参加してみて「養生の大切さ」などレベルの高い活動を体感することが出来て良い刺激になりました。

最後に自家用車の提供、長距離での運転(←わたしは高速のJCTで道を誤ってしまい申し訳ありません。)、交通費の支援等々誠にありがとうございました。

ご一緒に活動させて頂いた方々も大きな怪我もなく、本当にお疲れ様でした。

(写真は帰りのサービスエリアで販売されてた梨と、会社の自販機のジュースです。←今日、初めて知りました。)by河野さん

協賛団体・企業

patagonia.png
%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%
102706263_974946196255519_19068364985941
akaihane.png
nihonzaidan.png
real_style.png

Copyright (C) 2019 災害ボランティア団体 愛・知・人 All Rights Reserved.

愛知県春日井市上条町 5-100 栄林ハイツ第二 102
MAIL:aichijin0311@gmail.com

愛知けん君_吹き出し付.png