九州豪雨支援活動レポート 9/8~9/11(愛知発第10陣)

9/8活動報告(ひちくボランティアセンターより)


本日、暑さが振り返す中、17名のボランティアさんが水路の泥あげを行なってくださいました。 ありがとうございます‼️


寄付して戴いたホワイトボードも脚をつけて、大活躍です

活動は、ニーズに対してボランティアさんの数が足りていません ニーズ調査にも行けず、Face to Face で声を聞くことが出来てません

今後もたくさんのボランティアさんが来てくださることを願っております

9.8-4
9.8-5
9.8-6

★常総市、熊本市で私達の応援に来てくださった愛知県津島市職員のボランティアサークルの皆様達、先乗りで今日からひちくボランティアセンターにて活動してくださってます。 市の職員さんが意識高いって素晴らしいですね  by赤池

9.8-1
9.8-2
9.8-3

【九州北部豪雨支援活動 第10陣】

9/8 20:00 まもなく出発!お見送りに来ました。


大切な仲間の応援!! 支援活動弁当を持参しました。少しでもパワーになりますように!

保冷ボックスに明日の食材も詰め込みました。気をつけてね〜 いってらっしゃい!

9.8-7
9.8-8
9.8-9
9.8-10

9/9(土)

大分県日田市大鶴地区にある「ひちくボランティアセンター」に到着。 今日は小野地区で活動です。日なたは暑いですが、日陰はかなり涼しいです。by堀さん

9.9-1
9.9-2
9.9-3

今日は日田市の山間部に位置する小野地区鈴連町(すずれまち)の集落でお手伝いを行いました。先週辻口さんが活動された継続作業です。

今回活動した場所は7月の豪雨災害直後に山の斜面で大規模な土砂崩れが起こり、川の流れを土砂がせき止めたことによる「土砂ダム」となり、家屋が流されたり浸水の被害が発生しました。

土砂が撤去されるまで長い間集落は孤立状態となり、お話を聞いた家主さんによると「やっと2週間ほど前に自宅の前の道が通れるようになった」とおっしゃっていました。 最初ぼくは「2カ月経った今頃になって、なぜ泥まみれの家財や衣類を出されているのだろう?」と思いましたが、お話しを聞いて納得しました。


ひちくボラセンは本日61人が活動したそうですが、我々愛知人メンバーが10人(現地合流含む)と津島市の職員さん11人といっしょに活動しました。まだまだ人手が足りていません。明日も安全に気をつけてがんばりたいと思います。

9.9-4
9.9-5
9.9-6
9.9-7
9.9-8
9.9-9

★9/9(土)小野地区のお宅で壁剥がしの前に行った、棚の取り外し 愛知人男性メンバーと、ともちゃんの5名掛りで 3分30秒の動画を1/3しました。良ければ音声をオンで観てもらえれば、会話と工具音を聞く事が出来ます。by西村さん




9/10(日) 大分県日田市鈴連町(小野地区)

この日のメンバーは愛知人スタッフとして元村さん、西田さん、権藤さん、川島、ボラセンより中央大学学生5名の計9名。


新規の案件で、70代の女性が一人暮らされているお宅だった。 土砂崩れの影響で長く孤立状態にあった地域の為に発災から2ヶ月を過ぎても全くの手付かず… この2ヶ月の間に発災時に加えて台風5号の影響で裏庭に土砂が2回も流入、床下は今でもペースト状の泥が5cm以上堆積し、一部には水たまりも見えた。(ベタ基礎)

住人の女性はこの状態に何から手をつけて良いのかわからず途方に暮れて毎晩泣きながら『もお死にたい』とまで考えたという。 2ヶ月が過ぎてやっと道路も開通し、「ひちくボラセン」からの声掛けのおかげで漸く少し片付ける気力が生まれたと仰っていた。

一通り、現場を見せて頂き話を聞いた上で作業に掛かった。 室内の作業は動線を決め、開口部の養生、敷居の養生から始める。

敷居の保護に土嚢袋を使用した。この土嚢袋には、茨城県常総市の小学生からのメッセージが一枚一枚書き込まれててい、それを目にされながら何度も何度も頭を下げられる住人の方の姿がとても印象的だった。

また同時に裏庭に堆積した土砂の搬出を住人さんと一緒に進め、午前中はほとんどこの作業で昼休憩に入った。

午後から仏間の床根太材の養生作業に取り掛かる。ロール状のブルーシートを30cm幅にカットして、根太材に巻き付けていく。

気温は30℃近くまで上がったが20〜30分間隔で休憩、住人さんや近所の方からの嬉しい差し入れで元気をもらいながら15:30に、ひと部屋分の根太養生完了で作業終了。片付けを終え、次週に継続作業となる事を住人さんに告げてボラセンに帰った。

本格的な作業は来週からとなる。 今日の部屋(仏間)の壁養生と残り四部屋の養生作業と泥出し作業を開始する。 この1週間でどの程度乾燥するかによるが、泥は掻き出さずに水を加えてポンプ排出の方が効率がいいのかもしれない… また、裏山の更なる土砂流入を防ぐ作業も急がれる。(10m×10mのブルーシートで6〜7枚は必要だろうか…?) 建物を腐食と更なる土砂災害から守るためにも短期集中な作業が求められる。 その為には室内と裏山の作業を同時に進めるのに20名近いメンバーが必要になるだろう…

果たして、今週末そこまでのメンバーが集まるだろうか…帰りの車中にこの投稿を上げている訳だが、その間も段取りや必要資材、人数などと思いを巡らせながら春日井を目指しています。by川島さん

9.9-2
9.10-12
9.10-13
9.10-2
9.10-3
9.10-4
9.10-5
9.10-6
9.10-7