台風21号 大阪支援活動 2/23~24

【2月23日,24日活動報告】 報告者:藤野 龍夫

岸和田支援、2月23日24日の活動報告です。 23日はお住まいされてない長屋のお宅ですが、屋根のトタン板が飛ばされ、剥がれた状態により隣接するお宅に雨漏りの発生等の被害で迷惑がかかり、その被害処理、および剥がれたトタン板の撤去、屋根の全面にブルーシートを張る、モルタルが落ちた壁にブルーシートを張る等の作業でした。 愛知人6人ビガップ大阪5 人による混成チームでした。 最初に持ち込んだUVシートが社協さんの許可を得ていなかったために、(UVシートは社協さんで購入品、高価、お住まいにならない家、)3000番のブルーシートを張ることに変更しました。しかし、全面に張れる大きさのブルーシートが社協さんに無かったためにビガップ大阪さんから借りました。 トタン屋根は完全に剥がれ、雨漏りというよりは完全に吹き抜け状態でした。 依頼者の娘さんは一日中立ち合って頂き、これでお隣さんにご迷惑がかからなくって安心できると感謝のお言葉を頂けました。 24日は借家にお住まいの高齢者夫婦のお宅、大屋さんが張られたブルーシートは2000番台土の入った土嚢袋は劣化して敗れ、完全に中の砂が流れていました。 更にブルーシートがかかっていない部分の部屋に雨漏りが有り、大屋さんが対処してくれないから困っておられました。 先ずは屋根に広がった砂の回収、ブルーシートをはがして、瓦の状況、雨漏りの原因を追及しました。 ブルーシートは新しい工法として、瓦をはずすことなく、瓦に穴を開けなくてねじ板がしっかりと固定できるサポート金具を使いました。 瓦の凹みに合わせて現場製作なので、少し手間取りましたが新たな工法として使えると確信しました。 新たな雨漏り箇所も特定できていないが(まだ、降雨が無いので)何ヵ所かの対策もできました。 今回も依頼者さんからお慶びの感謝のお言葉を頂けました。 2日間和気あいあいと楽しく活動できました。 皆さんに感謝致します。


【岸和田市災害ボランティアセンターさんより 2月23日(土)~24日(日)の活動報告と今週末の活動について 】

岸和田市災害ボランティアセンターでは、2月23日(土)~24日(日)も、「災害ボランティア愛・知・人」をはじめ、「BIG UP大阪」「集結」の皆さんや地元泉州、関西圏等からのボランティアの皆さんと共に、3軒のお宅の屋根の応急処置をお手伝いしました。


活動してくださった方々は地元泉州エリアから延べ5人、関西圏から延べ4人、愛知県から1人、「愛・知・人」から延べ16人、「BIG UP大阪」から7人、集結から1人です。

今回、1つのチームでは、ベテランの方はアドバイザーに回っていただき、地元の方や屋根上の作業経験がまだ少ないボランティアで必要資材のトラックへの積み込み、梯子の固定、親綱を張る安全対策からシートの加工や固定などを自分たちで考えながら活動する機会もありました。

活動してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

今週も、一回かけたブルーシートが剥がれてしまったり、土のう袋が破れてしまっているお宅2軒をお手伝いしたいと考えています。

初心者の方も大歓迎です。 土のうづくりや屋根下でのブルーシートの加工など、屋根に登らなくてもできることもたくさんあります。

ぜひ皆様ご参加ください。

3日(日)は現在の天気予報では雨の予報ですので、活動の有無については明日2日(土)の夕方時点で判断させていただきます。

最新情報はこちらのfacebookページをご確認ください。

また、屋根の本修理が入るまでの応急処置でお困りの方がいらっしゃいましたら、災害ボランティアセンターまでご相談をお寄せください。

【問い合わせ・参加申し込み】 岸和田市災害ボランティアセンター TEL:080-5784-1653(災害VC専用電話) FAX:072-431-1500 メール:vc@syakyo.or.jp


協賛団体・企業

patagonia.png
%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%
102706263_974946196255519_19068364985941
akaihane.png
nihonzaidan.png
real_style.png

Copyright (C) 2019 災害ボランティア団体 愛・知・人 All Rights Reserved.

愛知県春日井市上条町 5-100 栄林ハイツ第二 102
MAIL:aichijin0311@gmail.com

愛知けん君_吹き出し付.png