東松島高校生語り部の記事が掲載されました!

2016.7/2 語り部 TTT(TSUNAGU Teenager Tourguide of NOBIRU)から 尾形祐月(おがた ゆづき)さん 齋藤茉弥乃(さいとう まやの)さんを招いての講話。詳しくは「支援活動報告書」をご覧ください。

2016.7.3 毎日新聞                         2016.7.3   朝日新聞

宮城出身の高校生、体験を語る 名古屋で催し /愛知 【毎日新聞オンラインニュース 2016.7/3】

東日本大震災で津波に襲われた宮城県東松島市出身の高校生2人が被災の様子や教訓を語る催しが2日、名古屋市内で開かれた。2人は語り部活動に取り組む高校3年の尾形祐月(ゆづき)さんと斎藤茉弥乃(まやの)さん。避難生活の詳細も語った生々しい体験談に、集まった市民ら約50人が真剣に耳を傾けた。

 高校生による語り部活動を知った北名古屋市の料理人、都築秀和さんが企画し、企業の協力を得て開催した。

 尾形さんら2人は当時、東松島市立野蒜(のびる)小学校の6年生。尾形さんは自分で作った地元の地図を周辺住民に披露する発表会の直後に被災。体育館の2階に上がって津波から逃れた様子などを語った。

 一方、斎藤さんは津波で流されたものの、「着衣水泳」の授業を思い出して体を浮かせて助かった経緯を説明。「着衣水泳で助かった話など、今日聞いたことを家族や友達に広めてほしい」と呼び掛けた。【竹地広憲】

最新記事

すべて表示

代表の赤池がCBCの「チャント」・「ヤフーニュース」で取り上げられました

代表の赤池がCBCテレビさんのチャントという番組とヤフーニュースさんで取り上げられました。 ーーーーーーーーーーー 以下抜粋 「安全でより早く」ブルーシート張り方指導に愛知県の男性が千葉県へ出発」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00013540-cbcv-l23  台風15号で被害を受けた千葉県の被災者を支援しようと、愛知県春日井市の

小屋浦記録誌「土石流からの108日」応援寄付金の募集

私たちもお世話になった小屋浦の記録誌が出来上ったそうです。 あの信じられない光景から、復興へと進んでいる住民の皆さんも、そして全国の皆さんも「忘れてはいけない」災害でした。 内容は・・・各町内会長さんや住民さんの被災当日からの詳細な日々の日記や、住民説明会の議事録、ボランティアさんたちの活動詳細等・・かなり濃厚な記録誌です。 (愛知人代表赤池のコメントもP137に載っています) 小屋浦に駆けつけて

協賛団体・企業

patagonia.png
%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%
102706263_974946196255519_19068364985941
akaihane.png
nihonzaidan.png
real_style.png

Copyright (C) 2019 災害ボランティア団体 愛・知・人 All Rights Reserved.

愛知県春日井市上条町 5-100 栄林ハイツ第二 102
MAIL:aichijin0311@gmail.com

愛知けん君_吹き出し付.png