熊本支援活動レポート 【現地活動編】 2016/5.13

5/13  8:00  おはようございます(≧∇≦) カエルくんにもボランティア参加表明いただきました(笑)


5/13   14:00

今日朝一で活動したお宅です。

【災害要援護者支援   レスキュー  アシストさんの投稿より】

熊本の高齢者から言われた言葉に心が傷みました。 その言葉は 【こんな思いをするなら地震で死んだほうがよかった】 今避難所におられる方より自宅避難している高齢者や障がい者のほうがつらい思いをしています。 今日の話です、75才の女性の住人が一人で屋根に上がって一人でブルーシートをはり結局は風にあおられて家は雨漏りをしています。 旦那は介護をしないといけない、子供達は重い知的障害者です。 色々な施設に子供達を見て欲しいと言ってきたが断られたそうです、 どうやったら一人で辛い思いをしている母を楽にできるでしょうか? ボランティアとは作業を早くする事よりどうやったら苦しんでる心を少しでも軽くするか考える事少しでも未来への希望を持って頂く事為にアシストする事だと自分は考えてます。 明日障害者支援センターに早速相談をして雨漏りをしないように母が引いたブルーシートの固定をやります。 多くの被災者がいるなか自分達が出来ることはDAW ボランティアセンターに連絡して縁があった人だけです。 悲しいですがすべての被災者を手伝う事はできません。 ボランティアが足りません。 自分達が活動する事により大袈裟かもしりませんが災害関連死が一つでも減るかも知りません。 どうか理解して頂きたいです。 自宅避難してる人と車中泊している人は支援を受けにくい事を 自宅を綺麗にすることで避難所から早く帰れる人がいる事を 赤紙をもらっても家の中で生活している人がいる事を どんな小さな活動でも確実に苦しんでる心を楽にしてる事を

5/13 22:00  本日の作業    ニーズ調査 桜木地区にて民生委員会会議に出席(愛知人、赤池) 建軍地区にて民生委員会会議に出席 (愛知人、赤池) 詫摩北地区にて民生委員会会議に出席(レスキューアシスト、タケちゃん) 詫摩南地区にて民生委員会会議に出席(レスキューアシストタケちゃん) 月出地区にて民生委員会会議に出席(レスキューアシスト、タケちゃん) 長嶺地区にて民生委員会会議に出席(レスキューアシスト、タケちゃん) 西原地区にて民生委員会会議に出席(レスキューアシスト、タケちゃん) ダウ有志メンバー4名により、ブルーシート貼り2件完了 ダウ有志メンバー4名により塀の解体6件完了 一般ボランティアさんによる作業で8件完了 軽16件完了 ボランティアセンターとして平日は上手く回るようになってきたと思いますが、毎日何十件もの相談・ニーズが上がっています。 ボランティアセンターの運営メンバーが足りない事に頭を悩ませています。 明日からの週末、愛知、大阪を始め沢山の人達が応援に来てくれます、明日、明後日が勝負所!安全作業で顔張ります(≧∇≦)


協賛団体・企業

patagonia.png
%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%
102706263_974946196255519_19068364985941
akaihane.png
nihonzaidan.png
real_style.png

Copyright (C) 2019 災害ボランティア団体 愛・知・人 All Rights Reserved.

愛知県春日井市上条町 5-100 栄林ハイツ第二 102
MAIL:aichijin0311@gmail.com

愛知けん君_吹き出し付.png