熊本支援活動レポート 【現地活動編】 2016/7.3


【藤野さんレポート】

熊本から無事に帰りつきました。10時間、880Kmでした。

今回は三日間、すべての作業が雨漏りを防ぐためや台風で瓦が飛ばない様にする高所作業でした。 また、大半が、ブルーシートをかけてはいたのですが、ここに来ての暴風雨で雨漏りが酷くなっての依頼でした。 業者さんによるブルーシートがかかっていたのですが、瓦が残してあったり、土嚢袋の中が土で無く割れ瓦を使っていたりして、土嚢袋やブルーシートが破れているのが原因でした。… 高齢や一人住まいのお宅で、作業後は依頼者さんの安心した笑顔が頂けました。


今回もたくさんの素晴らしい仲間と出会えましたし、お世話になりました。 愛知人の赤池さん、レスキューアシストの武ちゃん、長期の滞在で頑張っているボランティアさん、お世話になりました。 宿泊場所を提供していただいた中村さんありがとうございました。 愛知でDAWボランティアセンターを支えてくれておられる愛知人の皆さんありがとうございました。

有意義な三日間を過ごさせて頂けました。 30日に出発して熊本地震復興お手伝いをさせて頂きました。 週間予報では、曇りベースでしたが、初日は暑く、土曜日は弱いにわか雨、日曜日はにわか豪雨の中でしたが、できる仲間達の素晴らしい活動で完了6件でした。全て、高所作業のブルーシートのかけができました。

1日は前日からの継続でかけてあったブルーシートが破れていて、その交換と瓦をおろしました。… 土曜日も同様に、業者さんが間に合わせでかけたブルーシートの剥がれたり、土嚢袋が劣化していたりしてのやり直しです。 土曜日は被災者さんがご自分でブルーシートのかけをされる際の安全対策など注意点を教えるための資料写真の撮影も有りました。 赤池さんが安全対策講習会を企画されてます。

7.4-2
7.4-3
7.4-4
7.4-5
7.4-6
7.4-7
7.4-8
7.4-9
74-6
愛知けん君_吹き出し付.png