第4回東北交流会報告書

今回は昨年に引続き、滋賀県のボランティア団体「モトス」がオリジナル手ぬぐい(2枚2000円)を販売してクリスマスケーキの素材を東松島市内の洋菓子店で購入し、1200個のカップケーキを作り仮設の皆さんに配布するというプロジェクトに相乗りさせていただき、愛知人はマッサージなどでコミュニケーション重視した活動。モトスは車2台で13名と東京と仙台から日帰り参加した7名が加わり20名、愛知人は車1台で8名。総勢28名の遠征になりました。



 また11月2日春日井で開催した東松島物産展で春日井市内のご婦人から「仮設住宅で寒い思いをされている方に届けてほしい」と100個ほどの手編みマフラーを預かりましたので持参しました。色とりどりのマフラーを手に取り「あったげーな」「こりゃええな~」と受け取っていただき、被災地には行けないけれど出来る事をしたいと思う温かい気持ちを届ける事ができました。

午後から訪れた「たんぽぽ」は5回目の訪問となり、毎回マッサージをしながらコミュニケーションしているので顔見知りの方も多く、クリスマスケーキを食べていただきながらピアノ演奏に合わせて一緒に歌ったり、ここでもマフラーをお渡ししながら1人1人とお話でき楽しい時間を過ごしました。

「たんぽぽ」のオーナーの奥様が「アンテナショップまちんど」の店長さんであり、東松島市をあげての復興プロジェクトのキーパーソン。頑張っている東松島市を日本全国に広げようと各地で物産展をされており、そのご縁から春日井市での物産展が実現しました。

「まちんど」でのお買い物はメンバー全員が両手いっぱいのお土産を手にします。荷物を取りに戻った小野仮設住宅では、「夕食を食べていがいん」と武田さん始め仮設住宅の方が手作りのお寿司やお惣菜そして焼牡蠣を用意してくださっており、神奈川県から来ていたジャズライブのボランティアさんの演奏を聴きながら、美味しく楽しいひと時を過ごしました。

1泊目は女川町の民宿が再起した「トレーラーハウス エルファロ」に宿泊。初めて行った女川町は街全体の土地を18m底上げする計画があるとのことで、町ごと高くして二度と津波に負けないという思い入れがつまった復興計画があるのをガイドの鈴木さんから聞き、現状を見て知る事ができました。

そして向かったのが、東松島市の「グリーンタウン仮設住宅」。自治会活動が盛んで、毎年盛大なクリスマス会が開催されています。ここでは住民の方と一緒にケーキを作り、戸別配布もしました。しかし残念な話も聞きました。高台にできた仮設なので入居の際、競争率も高くいろんな地域の住民が集まったため盗難などの犯罪が多いとのこと。一部ではコミュニティが確立されていても、そこに加わらない顔見知りではない方もいるということがそういう結果を生むのではないかということ。地域コミュニティづくりの難しさや大切さを再確認することになりました。

翌朝は、漁師であり、東松島市復興プロジェクトで活躍している太田さんが「ワカメ漁」体験に招待して下さり、女性3名が参加。重装備で雪が舞う夜明けの寒い海に挑み、船酔いしながらも大きな袋いっぱい新鮮なワカメを刈り取ってきてくれました。今回もたくさんの方に出会い、たくさんの温かいおもてなしを受けました。

出会えたご縁や深まっていく絆、そしてどんどん繋がっていく輪を大切に、これからも私達に出来る範囲で何が出来るのかを考えながら、活動していきたいと思っています

協賛団体・企業

patagonia.png
%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%
102706263_974946196255519_19068364985941
akaihane.png
nihonzaidan.png
real_style.png

Copyright (C) 2019 災害ボランティア団体 愛・知・人 All Rights Reserved.

愛知県春日井市上条町 5-100 栄林ハイツ第二 102
MAIL:aichijin0311@gmail.com

愛知けん君_吹き出し付.png