第7回東松島市交流会&常総市交流会 5.4

5/4 8:00 【加藤有香理事】 おはようございます!!!o(^o^)o 矢本仮設の朝の様子です。 昨晩は、窓をガタガタと雨風が聞こえる夜の中就寝。朝は引き続き雨模様、肌寒く感じます。 朝ご飯はワクワク隊さんが、ほぼやってくださいました。キャベツソーセージのホイコーロなど。 赤味噌汁は牛&豚入り(昨日のバーベキューの残り)をいれて(^^)赤池隊長の作品です。 ごはんは非常時にでも食べれるよう、袋に米をいれてあたためるというやり方で、とってもおいしくできあがりました。 手を合わせて、おいしくいただきまーす!!(^^)/


13124537_1555696761390744_1765240153004217517_n
13087832_1555696791390741_1653118978205857119_n
13124452_1555696838057403_978903062807871795_n
13096289_1555696854724068_7174119702762400987_n
13138866_1555696888057398_2790820807330656544_n
13138896_1555696918057395_8367165866150337510_n

5/4 10:30 【加藤有香理事】

矢本仮設運動公園『はるまつり』開始 あいにくの雨模様ため体育館の中で、小野会長の司会進行により市長さん初め各議員さんのあいさつで開会式始まりました。東日本大震災から5年、光が見え始めた今、復興のトップランナーとして進み始めている東松島の姿を大きな声で各議員さん喜びのあいさつをしてくださいました。熊本地震の支援も東松島から思いを伝えようと各議員さん話しており 愛知人が熊本地震後すぐ現地入りしたことも伝えて頂きエールをもらいました。助け合いの思い確認して前に進んでいきたいですね!東松島名産の海苔を使っての36メートルの海苔巻き。町の人たちで巻き巻きイベントです(^-^)


13102727_1555721258054961_96698049422573619_n
13119058_1555721274721626_3264659874061004365_n
13173836_1555721361388284_3398565446677395215_n

5/4 12:00【堀尾良一さん】

雨の中たくさんの方が来られてとても嬉しいです。


13177333_862624777201400_883420847569641085_n
13173963_862624773868067_3174871375988828403_n
13177388_862624807201397_1573746679126684297_n

5/4 12:30 【加藤有香理事】

春祭り行われる中、2班に分かれ野蒜地区視察。

野蒜駅のホームと線路は震災を語り継ぐためそのまま残されています。駅はファミリーマートと写真展示室に改装されていて、写真の前で語り部ゆづきちゃんの話を聞きました。駅の前に流れる運河にも震災当時は家やお寺が流れて、水の流れが詰まるほどの被害がありました。運河を目の前にして想像するだけで規模の多さや胸が締め付けられる思いです。そのあとは近くのえんまん亭さんで海の幸ラーメン、あら汁など堪能しました。雨で冷えた体においしく染み渡りました。


13166121_1555737768053310_7246796970268225821_n
13177863_1555737788053308_5968222544078040309_n
13178050_1555737831386637_7185324602224721379_n
13139228_1555737974719956_6202492910204730876_n
13174135_1555738221386598_1111260131175349603_n
13096241_1555741061386314_4435898169146357065_n
13096232_1555741074719646_5821772187638932874_n
13133385_1555741098052977_5243653588408005891_n

5/4 17:30 【加藤有香理事】 さつきちゃんガイドによる大曲視察 さつきちゃんの住んでいた町です。目の前には船が見えまさに海沿いの町。 おおまがりばしは、津波の爪痕を残したまま曲がってそのままです。橋が作られたのは平成18年3月 去年はまだあった傾いた家も重機が入り撤去されてはいるが、平地のまま、まだまだ工事は続いています 震災前は家がひしめき合う町だった。いまは向こう側も見渡せるくらい何もなく、海風が冷たく体をすり抜けていきます 自分の住む町、津波で船が家に当たり崩壊してしまう様子を、震災当時の写真と共に語り継ぐ。 去年も来てさつきちゃんの話を聞いたからわかるけど、声の大きさが全然違う!その伝えたいことがあるんだという姿は、言葉がつまってもみんなに伝わってると思います!1日1日自分の思いがかたまって、語り部としての成長に私はすごく感動し涙がでたのは、さつきちゃんの姿が私の心に響いたからだと思います。思いを伝え続けていく彼女を見続けていきたいと思いました。本当にありがとうございました。


13100783_1555809278046159_4697782165560952081_n
13178059_1555809344712819_7920221186068489115_n
13179441_1555809374712816_5908222322714423499_n
13151438_1555809528046134_1391829786863029090_n
13177306_1555809578046129_7776358566282722256_n
13087857_1555809604712793_4404562225529182434_n

5/4 19:00 【加藤有香理事】

民宿かみの家 到着です。皆様おつかれさまでした!!


13177315_1555821661378254_1200851415567489450_n
13138846_1555821681378252_6153435464886091993_n
13166090_1555821704711583_3180915005110882448_n
13164422_1555821724711581_2525911298532425536_n
13100707_1555821884711565_1650449700745646120_n

愛知けん君_吹き出し付.png