西日本豪雨(岐阜県 関市) 7/10

【7月10日 活動報告】  報告者:中村節子

上之保サテライト

月曜日、赤池代表が情報収集と現地把握のため関市へ 火曜日から社協本部ボラセンの他に、サテライトが二ヶ所開設されました。


昨日、赤池代表、かわせみの知里さん、私も仕事調整ができたので、一般ボラでお手伝いして来ました。

家の中の家財、畳搬出、家の中の泥出し のニーズ。浸水は床上50センチ以上、泥もかなりたまってました。 お邪魔した時には、ご家族三世代で片付けをされてました。 ご挨拶をして、お家の方と一緒にお手伝い。 お家の方が手際よく指示してくださったので、お手伝いする私たちも動きやすい。 家財を運び出すのに、家の中に溜まった泥で足を取られる。処分するタオルを 床や薄手のブルーシートを敷いて 導線を作る。 荷物などは運び出すものが水を含んで重たい。。ここは住人さんと一緒に運び出し。 作業終了引き上げ時間まで、お手伝いするも、終了できず継続へ。

活動にお邪魔したお宅。 92才のおばあちゃんが住んでみえて、お話も聞けました。 「泣いたり笑ったりしてるの」って言われた言葉が印象的でした。

お邪魔した上之保地区は川沿いにある地区。川の流れとともに地域に水が入り かなりのお宅が浸水した状態。昨日お邪魔した時は、家族、親戚などで始められてあるところが多数。 お天気の回復とともに、砂ぼこり、匂いも少しずつきつくなってきています。

昨日のボランティア180名の参加だったそうです。 地域を目で見る限り、それ以上に地域の人が多かったように感じました。

昨日の時点では資機材も不足傾向だったので、個人で行かれる時は最低限のものを 持って行かれた方が良いかなと思いました。(この後の様子は確認してくださいね)

代表赤池との話・・・ 愛知人としては大阪に継続支援を続けていきます。 屋根作業は、まだまだ緊急時を要する状況です。 代表は、毎週末大阪入り、愛知人としても遠征支援活動として募集をかけて行く予定です。 他、今回の豪雨で今繋がりのある団体やメンバーが支援活動に入ってるところに関しては 出来る限りの後方支援。 関に関しては、近郊ということもあり、個人で行ける方は向かってもらえたら、と。

今週末も大阪支援活動が予定されております。 この状況なのでどこの地域にもボランティアが圧倒的に足りてません。 もし、少しの時間でも!何かできることあるかな?その気持ちお役立てもらえたらと思います。

協賛団体・企業

patagonia.png
%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%
102706263_974946196255519_19068364985941
akaihane.png
nihonzaidan.png
real_style.png

Copyright (C) 2019 災害ボランティア団体 愛・知・人 All Rights Reserved.

愛知県春日井市上条町 5-100 栄林ハイツ第二 102
MAIL:aichijin0311@gmail.com

愛知けん君_吹き出し付.png