2021/7/24 令和3年7月豪雨(沼津市)

活動メンバー10名。 報告者:赤池

A班は22日から継続対応させていただいているお宅1軒の床下の水抜き作業、

B班は継続案件のお宅2軒と、新規のお宅1軒に入らせて頂きました。

沼津市支援で初めて活動させて頂いたSさん宅の娘さんが、ボランティアデビュー!私たちと一緒に活動いただきました。

「私の家が一番ひどいと思っていたけど同じ地区でもっと大変な思いをしている方が居るんですね‥これからもできる時に出来ることを手伝わせて下さい!」と、嬉しいお言葉を頂きました。


【A班】7名で活動。 報告者:平山

22日から継続で対応中のお宅の床下の水を取る事に専念しました。明日、拭き上げて完成の予定です。

階段下の異臭区画は、食器類が入った段ボールが入った地下倉庫部屋で、コンクリートに囲まれて当時の水がそのまま。

それが黒カビ?で真っ黒な水になっています。

水も荷物も全て出しましたが、臭いは消えず……クレゾール逆石鹸で消毒しました。これで消えるでしょうか?

何故かここは水が染み出て来ますが、原因が分かりません。

何処かの壁に水溜まりが有るのかもしれません。

その他の部屋の水は全て吸い上げましたが、地下の水がベタ基礎中央のドレン穴から逆流して来る場合があるそうです。(依頼主談)

明日の拭き上げは、薄く広がっている泥を綺麗にする作業です。

床は高いのですが、部屋を繋ぐ連絡口は狭いためがんばらせていただきます。


【B班】3名で活動。 報告者:濱田

床上浸水被害にあった新規のお宅に入らせて頂きました。

床に開口部を三箇所つくり、床板剥がしを行いました。

床下対応は明日以降本格的な作業に入らせて頂きます。

こちら以外に、外壁の断熱材の有無の確認を行ないました。

依頼者さんは断熱材が無いと分かると非常に安心された様子でした。

また、トイレのドアの下部は水で膨れて閉まらなくなっていたので、開閉できるように削り落とす作業を行いました。

もう1軒、23日より対応中のお宅の床下乾燥のための床板はがしを行ないました。こちらのお宅は本日で対応完了となっています。

またもう1軒、こちらも23日からの継続となっている別のお宅で、

住民さんの生活圏の安全確保のため、玄関・廊下の簡易的な床板貼りを実施しました。こちらも本日で対応を完了しています。



24回の閲覧
愛知けん君_吹き出し付.png