2022/10/20 令和4年台風15号(静岡市清水区)

A班報告者:角 天候、晴れ

メンバー 3名: 鮎ケ瀬、伊藤、角 赤池さんは現場調査並びに関係各所に挨拶周り。ベース宿泊者のための駐車場を確保。

朝一、ベースの整備をして10時半過ぎに清水区ボラセン着。「結」さんの指示を受けて床下泥だし。

指示書の行く先はQRコードで簡単に行ける(*^^*) 既に依頼者さんが、幾らか泥出ししたらしく私達が訪問した時は、待ってましたとばかりに床には養生シートを張って有った。

現場は静清バイパスと東名高速の間の用水路脇の住宅地、浸水高は道路で1.5m位。屋内は床上浸水5-60センチ。このお宅は8年前にも浸水したそうです。床下に潜る開口部は台所、風呂場と2ヵ所有るが、風呂場は床を支える床束が無く、代わりに鉄筋のフレーム(名称分からず、写真参照)が邪魔して侵入出来ず。作業は全て南西端の台所から。

床下は鉄筋フレームが縦横に床天井から取り付けられて居て、その端の僅かな隙間を抜けて奥へ行く。寝返りも方向転換も出来ず。 依頼者さんが、会社から持ち出した送風機を設置したらしく、泥は殆ど乾いていた。手で寄せ集め、塵取りから土嚢袋に入れる作業。









愛知けん君_吹き出し付.png