2022/10/21 令和4年台風15号(静岡市清水区)

報告:角 天候、晴れ

◎参加者 5 名 赤池、鮎ケ瀬、伊藤文枝、震つなの種村さん(1件目のみ参加)、角 この日は3件

1件目、昨日の続き。床下鉄筋のフレーム有るお宅。ご主人は 前夜夜勤で就寝中。でも、外では「ガガガ」っと塀の撤去作業。

台所の開口部から4人中へ。私と赤池さんが先頭で乾いた泥取り、それを鮎さんと種村さんとでロープでリレーして床上の伊藤さんに送り。 お昼前に最奥部の土嚢袋10数個、私と鮎さんとの手渡しリレーでお風呂場から取り出し。(人は通れないけど土嚢袋はOK) お昼を過ぎて終了。こす(腰、東北の訛り)が疲れた。。。

2件目は玄米を入れた大きな米びつ4個(直径1m、高さ1.2m位の金属製)の解体。ボランティアさんが、カビた玄米、米びつの処理出来る様に米びつをカット。

3件目も清水区、床上浸水60センチ位。排水の追い付かない都市洪水。 依頼内容は和室の床剥がし、壁の調査。和室の床板はコンパネ、グギが沢山、巾木が邪魔。4人でガンガングギ抜き!巾木を取っても石膏ボード、敷居が邪魔。そこで、丸ノコでカット。 綺麗に釘抜きしたのは、押し入れの動線として再取り付けしました。ここはハウスメーカーと相談の上で再作業の予定。







閲覧数:14回
愛知けん君_吹き出し付.png