床下の泥出し作業続く 関・復興ボランティア公募再開 8/29 中日新聞 中濃版

床下の泥出し作業続く 関・復興ボランティア公募再開

2018/8/29 紙面から

7月の西日本豪雨で住宅432棟に浸水被害があった関市では、ボランティアらによる床下の泥出し作業が続いている。市社会福祉協議会は先月20日に一般ボランティアの公募をいったん打ち切ったが、住民からの要望を受けて今月20日から再開。週末を中心に一般ボランティアも入り、いまだに泥出しが済んでいない住宅で活動している。 津保川沿いにある関市上大野地区では、二十七軒中二十六軒で浸水被害があった。床下浸水した西部伸栄さん宅では十八日、ボランティアら十人が二日目の泥出し作業に訪れた。

ボランティアらは白い防じん服とマスク、ゴーグルを身に着けると、高さ五十センチほどしかない床下に腹ばいで潜り込む。迷路のようになった木材の間をほふく前進で進み、乾いてひびの入った泥をスコップで袋に集めてから地面に消毒剤を吹き付ける作業を半日続けた。最初はパニックになりそうな閉塞(へいそく)感で、体力も消費するという。

恵那市長島町から参加した会社員鈴木彩日さん(27)は「泥出しは初めてであんな狭いスペースに入るのかとためらったが、周りに経験者がいたからできた。空気が薄いし、ほふく前進は首がしんどいです」と話す。

泥を放置しているとカビやほこりが発生して家が劣化し、住民の健康にも害を及ぼす。西部さん方は息子夫婦、孫が同居する三世代世帯で、息子の妻菜月さん(31)は「最初はやらなくていいと思っていたが、今後何十年と住み続けると考えると、子どもの健康が心配になった。こんな多くの人に来てもらってありがたい」と感謝する。

市社協の担当者は「泥出しが終わるめどはまだ立たず、九月いっぱいは必要。相応の経験がある人にお願いしているが、未経験者にも勉強してほしい思いはある。ただしボランティアが大勢来てもマッチングが難しいので、まずは連絡をしてほしい」と呼び掛ける。 (問)関市社会福祉協議会ボランティアセンター=0575(22)0372

★愛知人でも、毎週末ボランティアを募集しています。 高速道路の道路の車輌申請可能。宿泊施設もあります。 経験者が丁寧に指導、ご説明しますので初めての方でも安心してご参加いただけます。 問い合わせフォームからお申込みお待ちしています。

最新記事

すべて表示

代表の赤池がCBCの「チャント」・「ヤフーニュース」で取り上げられました

代表の赤池がCBCテレビさんのチャントという番組とヤフーニュースさんで取り上げられました。 ーーーーーーーーーーー 以下抜粋 「安全でより早く」ブルーシート張り方指導に愛知県の男性が千葉県へ出発」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00013540-cbcv-l23  台風15号で被害を受けた千葉県の被災者を支援しようと、愛知県春日井市の

小屋浦記録誌「土石流からの108日」応援寄付金の募集

私たちもお世話になった小屋浦の記録誌が出来上ったそうです。 あの信じられない光景から、復興へと進んでいる住民の皆さんも、そして全国の皆さんも「忘れてはいけない」災害でした。 内容は・・・各町内会長さんや住民さんの被災当日からの詳細な日々の日記や、住民説明会の議事録、ボランティアさんたちの活動詳細等・・かなり濃厚な記録誌です。 (愛知人代表赤池のコメントもP137に載っています) 小屋浦に駆けつけて

協賛団体・企業

patagonia.png
%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%
102706263_974946196255519_19068364985941
akaihane.png
nihonzaidan.png
real_style.png

Copyright (C) 2019 災害ボランティア団体 愛・知・人 All Rights Reserved.

愛知県春日井市上条町 5-100 栄林ハイツ第二 102
MAIL:aichijin0311@gmail.com

愛知けん君_吹き出し付.png