2021/5/3 桑折町での福島沖地震災害支援活動報告

報告者:山川


新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてPCR検査・次亜塩素酸(エヴァウォーター)での除菌・体温チェックをしての活動となりました。


落ちた瓦部分をアシスト瓦で修復し、棟瓦をブルーシートで養生後、本シートで覆い野地板とキャッチャーと土嚢袋で固定する作業を行いました。


コロコロ変わりやすい天気と強風。前々日には地震があり、安全確保に気を配りながら作業をしました。


社協の方には、ゴールデンウィークにも関わらず出勤して頂き、軽トラを貸してもらい、除菌のウェットティッシュを大量に頂きました。こんなにしてもらっていいの?という歓迎してくださり、ありがたかったです。

また、桑折町の広報誌で、愛・知・人を大きく取り上げていただきました。


これも毎週末通って頂いた関東支部の方々や今まで参加してくださった方々の住民さんに寄り添った活動を見ていてくださったからかなと思います。

ありがとうございます。


作業後は、これも社協の方に貸して頂いた桑折町が舞台の映画「物置のピアノ」に出てきたスポットや今まで作業してきたお宅の様子をチェックしました。


そこで旧庁舎の瓦が道路に散乱し、以前作業したキャッチャーが外れてしまっているのを見つけ、翌日の予定を変更し、旧庁舎の作業をすることにしました。

おそらく5/1の地震で瓦がずれ、強風でブルーシートも飛んでしまったのだと思われます。


旧庁舎前の歩道は通学路になっているため早めに見つけられて良かったです。




愛知けん君_吹き出し付.png