2021/5/30~31 福島県沖地震愛知人活動完了報告


2021年2月13日に起こった福島県沖地震 2月19日より、愛知人初動隊として春日井を出発後、3月26日まで長期滞在、その後毎週末の様に福島県桑折町、国見町、宮城県山元町の支援を続けて来ましたが、今週末で三町ともニーズが0となりました。

ベースとさせていただいていた国見の宿舎からも資機材を全て撤収させて頂きました。

長い間、大家のT様ありがとうございました。 お陰様で、快適この上ない活動が出来ました。


また、ご支援、共に活動して下さった皆様もコロナ禍の厳しい状況の中、沢山の方々にご参加、ご支援して頂きスムーズな活動が出来たと思っています。ありがとうございました。 そして、長い間私のわがままを心良く受け入れてくださっている大和エネルフ峠社長及び従業員の皆様ありがとうございました!


福島県も夏日よりとなりました!

29.30日の活動は桑折町の町内会長からの依頼により独居老人kさん宅のご支援となりました。

以前にブルーシートは張らせて頂いたのですが、生活困窮者と言うことで、町からでる公費の範囲で屋根を直したいとのことでしたが、それでは全く足らず、業者が入る前にやれる事をという事で、瓦の全撤去、瓦桟の撤去、清掃をさせて頂きました。 今回の作業に当たっては元建築会社の監督さんであった自治会長さんと事前に安全面を第一に何度も打ち合わせをしながらの作業となりました。  今回は二日間で終わるか心配な案件でしたが、延べ20名ものメンバーが集まって下さり無事作業を終える事ができました。


まだまだ潜在ニーズはあるかも知れません。 困っている方がいるのならまた調整して赴くつもりでいます。

今後ともご支援、ご鞭撻、ご参加よろしくお願い致します。




愛知けん君_吹き出し付.png