2021/9/3 令和3年8月豪雨(武雄市)

報告者:了戒


おもやいボラセンにてNGO結のマッチングに基づき床材&床板剥がし&トイレドア修理、エアコン洗浄を実施しました。


①床材&床板剥がし&ドア修理作業

参加者5名でおもやいボラセンでのマッチングに基づき本ニーズを対応。

ニーズ票にある廊下の床材撤去とコンパネ張り作業以外に、ご住宅の状況も確認して欲しいという指示で、現場入り。


まず、浸水状況の確認。一枚目画像の指差しの高さまで今回浸水し、下にある変色部分が2年前の浸水跡とのこと。

屋内の状況確認すると、廊下の床材が膨張してお互いを押し上げていた。

また、少し持ち上げて床板を確認するとカビが全面に発生している状況。

作業予定の廊下以外にも床板が張られた箇所はあり、床板が既に変形しており、カビの発生も予想されたが、ご高齢の住民様は、足が悪く這ってトイレに行く事もあり、その為に盛り上がった廊下をまず修理して欲しいとのことだった。


保険には入っておられず、大工さんの手配もされていないとのことで、ニーズ予定以外の作業は控えるべきと判断し、今後については、おもやいボラセンに訪問頂き調整してもらうようにした。

愛知人としては、ニーズ票通りの作業を実施。


床材を剥がし床板を除去し、その後にコンパネを2枚重ねで仮床を設置した。殿村、鈴木の大工コンビの絶妙な連携のもと住民様が問題なく移動できる仮床が完成した。


トイレドアは修理可能と判断し、撤去せずに劣化部分を除去し補修にて継続使用いただけるように出来た。濱田、百田の創意工夫の結果であった。


中村代表は午後から、エアコン洗浄対応を実施。その他の参加者も一軒目を完了の後に合流。

室外機が2台あり、川護岸の上に設置された作業が難しい場所であったが、地区住民様に渡し板などの資材協力も頂き、分解、洗浄を進められた。結果、1台正常稼働、もう1台は乾燥を進める必要ありと判断し、後日確認とした。


朝から雨が断続的に降る中での活動であったが、怪我なく終えることができた。




・ 愛知人では活動を支援して下さる方を募集しています。 寄付:https://www.aichijin.org/donation チャリティーグッズについて: https://www.aichijin.org/charity

愛知けん君_吹き出し付.png