10/6 令和元年台風15号(木更津市)

【活動報告】

<S班>

千葉県木更津活動報告

午前中は一軒のお宅で3箇所に分かれてブルーシート張りに従事しました。 私たちの班は母屋2階を担当。 まず欠け落ちた瓦の除去。 次に平瓦の一部破損等のためアシスト瓦および防水テープによる補修。 次に欠け落ちた棟瓦へのブルーシート張り。 こちらの現場については高所作業車の使用により瓦の除去作業を始めたスムーズに出来ました。

午後からは予定変更で茅葺き屋根にトタンが張ってある家のトタン屋根が剥がれ落ち雨漏りありという案件に向かいました。 何せ茅葺き屋根なんで傾斜はかなり大。 安全帯なしでは身体がまったく保持出来ない状況。そのためまずは確実な安全確保。 次にご主人は既に張ってあったブルーシートを一部剥がし屋根の構造を確認。 これまでにないパターンの屋根応急措置。 色々と寸法を測りながら試行錯誤しながら措置方法を検討。 その結果、今までにない野地板ミルフィーユ工法。 これまでにないハイレベルな作業でした。 (写真はここまでしかありません。途中からは自分では写真を撮れるような体勢 ・余裕もなく完成写真等までは未掲載です。あしからずです。) 後半は作業終了した他の班からも応援を頂き無事作業する事が出来ました。

完了後はお父様もご安心され御礼のお言葉を頂きました。 本日も無事に安全作業出来た事に感謝致します。




<T班より>

1件目は昨日おわらなかった木更津市下郡の旧郵便局。

今日は屋根班4名地上班4名で作業。昨日出来なかった建物の周りの瓦のガレキを女子2名にお願いして、他のサポートをHさん2名でして頂きました。

今日もTさんが丁寧な作業指示で昼過ぎには終了し、ガレキの運搬で他のチームに来て頂いて1時過ぎにやっとお昼を。

途中ドローン話しに花が咲き、災害時の現場調査などにはこの先ドローンは欠かせないアイテムだと思いました。

2件目は近くの梨農園や農業をやられてるニーズのお宅に。

上がって簡易的に貼ってあったシートを剥がし破損箇所を確認。

見るとたしかに瓦は飛んでいて所々無いのですが下地もしっかりしており、ニーズ先に真物の瓦のストックがあったのでブルーシート養生は1部に留め他は瓦の敷き直しをしました。

昨日に引き続きSさんのバケット車が合流しまして

敷き直しはスムーズにいき、もうひと棟の方も別れて作業を始めブルーシート養生と同じタイミングで敷き直しもスムーズに修理出来

思ったより早く全ての作業が終わりました。

途中家主のお父さんと知人の方々が作業をずっと見ていて

「ここまで完璧にやってくれるんですか?びっくりしました。瓦屋さんよりすごい。」と驚かれてまして

少し嬉しかったです。

作業終わりに美味しい梨を振舞って頂き家主のご夫婦の笑顔に癒されました。

時間早く終わりましたので応援で塩竹班に合流、かなり難易度の高いニーズでしたが何とか6時には終了出来、社協で荷下ろし片付けを済ませ、6時30に解散しました。

今日も安全に作業出来、尚且つきちんとしたレベルの復旧が出来て良かったです。

Tさんのロープワークは勉強になりました。




協賛団体・企業

patagonia.png
%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%
102706263_974946196255519_19068364985941
akaihane.png
nihonzaidan.png
real_style.png

Copyright (C) 2019 災害ボランティア団体 愛・知・人 All Rights Reserved.

愛知県春日井市上条町 5-100 栄林ハイツ第二 102
MAIL:aichijin0311@gmail.com

愛知けん君_吹き出し付.png