九州豪雨支援活動レポート 7/16 (愛知発 第2陣)


九州豪雨 先陣隊 7日目

今日も暑い日田市

今日から大鶴地区サテライトが立ち上がり、山あいの方のニーズも移動距離が短くなり、たくさんの住人さんのお宅へ支援できることになりました!… 社協ボランティアセンターと大鶴サテライト合わせて約750名近くのボランティアさんが参加されたそうです。 たくさんのニーズにも対応でき、住人さんの笑顔も見ることができました!


大鶴サテライト(http://hitavc.jp/otsuru)は今日立ち上げということもあり、朝はバタつきましたがスタート時間通りに住人さんのお宅に向かえることもでき、明日からの動きにも対応できる形になりました!

作業組は、8件のお宅に向かい作業、そのうち2件は完了の状態で、明日以降の作業活動の予定もイメージできそうです。 また、活動初日からずっと作業組が入っていたお宅が完了方向です! 住人のお母さんは、 本当にありがとう!本当に助かった! と、何度も言われてました!

私の方はサテライト運営のお手伝いも含めて、 これから動きやすくするための準備などなど 日田入りをして一番動き回った一日だったような気がします。分担と流れを翌日へ繋ぐ申し送り簿の作成もやれたらなぁと思ってます!

赤池代表はもう1週間滞在し作業に入りますが、私も含めて他のメンバーは明日帰宅予定になります。


九州北部豪雨水害災害支援活動(7/16)


二日目の作業もSさん宅の作業… 残り一部屋のドロ出し、更に床下洗浄、その他各所細かなところの清掃、中庭、裏庭の堆積物の撤去、最後に養生撤去後の拭き取り作業… とにかく盛りだくさんです!


でも今日は… 日田市ロータリークラブの皆様 日田市役所の皆様 県立日田高校の学生有志 その他のメンバーを合わせると…約40人

今日は、そんな皆さんを朝から受け入れて、各所に配置。作業内容を説明して、それぞれで取り掛かってもらう

注意すべきは、何を置いてもまずは体調管理

各班にタイムキーパーとメンタルキーパーを指名して、声掛け合いながらの作業を心がけてもらう(それでもなかなか声は出ないもの…) 次に、泥まみれのように見えるお家でも、ここに住む人が居ることを忘れず今以上に汚さぬこと…

とりあえず、全ての作業が同時進行 作業に慣れてもらうまでは、川島が声を掛けて回る

小まめに休憩を取ってもらい、皆んなの様子も見て回る 気がつけば昼休み

さらに、気がつけばみんなの方から 「〇〇もやって良いですか?」とか… 「とりあえず、〇〇までは終わりました」などと声を掛けられ 見れば、皆がまとまって作業してくれてます!

作業終了の予定時間前に、Sさん宅の居間、台所、和室は見違えるくらいキレイに…

最後に握手でお別れして、サテライトに帰る背中を見送ると… 今回の川島の大分での支援活動ももうすぐ終わりです。 あとは、宿舎に帰り翌朝帰路につく…

改めて、出会った方々に…『本当にありがとうございました!!』

また来ます!!来週…(

協賛団体・企業

patagonia.png
%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%
102706263_974946196255519_19068364985941
akaihane.png
nihonzaidan.png
real_style.png

Copyright (C) 2019 災害ボランティア団体 愛・知・人 All Rights Reserved.

愛知県春日井市上条町 5-100 栄林ハイツ第二 102
MAIL:aichijin0311@gmail.com

愛知けん君_吹き出し付.png