南相馬、岩手岩泉災害派遣隊第2回活動 10/21~25

10/22 昨日10/21に発生した鳥取地震の被害が少ないことを祈りつつ、我々4名は南相馬での活動を終えて岩手に向かいます。

本日は南相馬市ボランティア活動センターでの活動一軒目は、まだ、お戻りになってないお宅の草刈りでした。 小高駅前のお宅ですが回りのお宅が崩壊して居るなかで比較的新しいためか、地震被害を受けずに残っていたお宅です。 しかし、住むことはできずに5年半が 経過して回りの草のみが毎年伸びてきていてボランティアの作業を待っていました。… 昼からの2軒目は立派なお屋敷のお庭の垣根の剪定作業をさせて頂きました。 ここではヘッジトリマーという剪定バリカンを使って効率よく作業を進めましたが、後半はちこちゃんにも使って貰いました。 2軒とも愛知人メンバー3人と三重からの運転応援者白井さんを交えての4名で楽しく作業を終えることが出来ました。 今は盛岡に向かってます

10/23 岩手県岩泉町安家地区に入りました。盛岡から国道455号線、山間ロードですが非常に走りやすい道を通ったのですが峠に向かうに連れて紅葉が進み、また、ダム湖沿いには車を停めて景色を眺めたくなるポイントがたくさん有りました。しかし、峠を越えて下り坂になると小本川が氾濫した場所が至るところに有り、自然が牙をむいた恐ろしさを目の当たりにしました。 活動は岩泉町安家サテライトで岩泉町社協と連繋をとっているオープンジャパンさんの指示で入りました。安家洞から更に30分ほど山に入った合砂の牧場に隣接したお宅でした。 そこは牧場に入る道の橋が流されて居て、仮設の橋がつけられるまでは丸太の一本橋が唯一の通り道で有ったので我々が初めてのボランティア受け入れ日でした。 ご主人のお話では家の中で四人が在宅中に裏山の沢からの土砂崩れで一気に家の中に土砂が入り込んだそうです。太い柱を使って建てられて居たのでしっかりとした家で流されずに命が助かったと話されてました。家の中は高さ60Cm位の土砂が入り込み、すでにカビが生えていて強烈なカビ臭さかったです。その中を午前中は20数人、昼からは10人でお手伝いさせて頂きました。 先ずは家財を運び出して、分別をして処理場へ運び出すのと、使える家具は洗浄しました。その後に土砂を取り除いて畳の撤去、処理場に搬出、家の回りの土砂の取り除きなどの作業でした。明日も継続して入ります。宿泊は青少年旅行センターの管理棟、女性はバンガローに宿泊はさせてもらい、夕飯はボランティアスタッフが作って頂いたもつ鍋等を囲んで話が弾みました。愛知人メンバー4名は多少藤野菌からの感染が有りますが楽しく作業を終えることが出来ました。

10/24 昨日23日と同じ岩手県岩泉町合砂地区の牧場の居住地での活動です。 今日の活動は亜細亜大学から男性2名女性3名と一般ボランティアの男女で合計11名でした。 亜細亜大学学生さんは全員が2年生、昨年に先輩とボランティア活動に入ってから伝統を引き継いで、今年は自分たち同期生達で参加してくれてました。前日に南相馬市ボランティア活動センターで活動してここに入ってくれました 活動内容は昨日に引き続いて屋内からの土砂出し、壁の石膏ボードはがし、廃材となった家具、畳、石膏ボードの処分場所への運搬でした。 壁の中には高さ60Cm位の土砂が入り込んでいました。… 一応、屋内の土砂は一部を残して完了、二部屋は床まで綺麗に出来ました。 亜細亜大学学生さん達の頑張りも、また、チームふじさんのメンバーは大学生一般ボランティアが15時で引き上げたあとも、暗くなるまで活動してくれたお陰で予想以上に片付きました。夜の夕飯はボランティアスタッフが作って頂いたキノコ汁、餃子のほか、白井さんが買ってくれた刺身、豚タン等を囲んで話が弾みました。愛知人メンバー4名は多少藤野菌からの感染が有りますが楽しく作業を終えることが出来ました 。

10/25


最終日の三日目、 23日からの岩手県岩泉町折壁地区の牧場の居住地での活動です。 今日の活動は屋内の土砂だし、清掃活動は私達の4名のみ、今日からの屋外土砂片付けに重機隊が、2名合計6名でした。 社協からの応援が4名来る予定でしたが、現場に来るまでに時間がかかり、キャンセルとなって、作業を完了させるためにプレッシャーでした。

活動内容は昨日に引き続いて、浴室に入り込んだ土砂出し、壁の石膏ボードはがした後の清掃、床の洗浄でした。… 昼からは帰る予定でしたが13時まで残業してくれて、一応のめどを完了出来ました。 帰りは、あるメンバーの奥さまのごきげんとりのために、道の駅や産直センター、各県のSAでお土産を買い漁りにつきあって、色々なお土産を買っちゃいました。 当初、2時まで帰ろうかなって予定が、上野でのりさんを降ろしたのが23時、駿河湾沼津でチコちゃんを降ろしたのが2時30分、藤野家が5時、三重の白井さんは6時頃となりましたが 皆さん無事に帰着出来ました。 今回も愛知人の皆さんのご支援で福島、岩手の被災者さんのお手伝いが出来ました。また、現地でお世話になったオープンジャパンさんのスタッフさん、ボランティアさん、更に同行して楽しい活動をさせてくれた白井さん、チコちゃん、ノリちゃん、全ての皆さんありがとうございました。

協賛団体・企業

patagonia.png
%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%
102706263_974946196255519_19068364985941
akaihane.png
nihonzaidan.png
real_style.png

Copyright (C) 2019 災害ボランティア団体 愛・知・人 All Rights Reserved.

愛知県春日井市上条町 5-100 栄林ハイツ第二 102
MAIL:aichijin0311@gmail.com

愛知けん君_吹き出し付.png