熊本支援活動レポート 【現地活動編】 2016/6.18・19

  6月18日活動報告 晴れ後雨 運営スタッフ2名 ダウ有志メンバー44名 一般ボランティア8名


ブルーシート貼り3軒完了 完了8件 6月19日活動報告 雨 運営スタッフ2名 ダウ有志メンバー17名 土曜日、日曜日と、愛知から、大阪からはダッシュ隊大阪さんなど全国から沢山の有志の方々が集まってくださり、作業もかなり進みました! 皆さん、ありがとうございます!!


【長谷川知里さん】

活動報告 6/18 (晴れ) とても暑い日 1軒目 活動人数6人(長谷川 中山 阪野 山本 薗部 浜田)

78才のお父さんが一人暮らしのお宅 1Fが作業場 2Fが住居 2Fの寄棟の屋根 3方向の棟瓦の上はすでにブルーシートが飛ばないように土嚢袋などでしっかりと押さえられていました。南東の1方向もブルーシートがかけられ土嚢袋で押さえてありましたが そこだけはブルーシートが薄いのと押さえの土嚢袋が少ない状態。 南側からは脚立が足りなかったため 北側のベランダからアプローチ。 既設のブルーシートの上に新しい厚みのあるブルーシートを重ね依頼者さんの作業されたロープや土嚢 押さえのタイヤ カバンなどは活かしたまま UVの土嚢袋を重ね、足らない部分は新規でUV土嚢袋を足しました。 「何度も何日も屋根に上がり作業され最後の1/4は疲れてはててできなかった。作業場の片付けもずっとやっていて大変だったこと。昔は50キロの土嚢袋を担ぐぐらい平気だったんだが…」とお話してくださいました。 これで安心して焼酎が呑めると喜んでくださってました。 作業場のコンクリートのたたきは深いひび割れが南北に延びており黄紙が貼られていました。 2軒目 活動人数7人(上記6人+平山) 全壊判定で取り壊しが決まってはいるが いつかはわからないというお宅。本震のときにはご不在だったので怪我もなくよかったとお話していただきました。 隣地への落下を心配されて落ちそうな瓦の撤去と雨漏りの酷い北側の面へのブルーシート張りの依頼。 普通の瓦の4枚くらいのサイズのとても重いセメント瓦 落下を心配されていた部分は釘打ちのため心配はなかったのですが、鬼瓦と棟瓦の一部は危険な状態だったので撤去。 釘打ちされていない瓦は大きくずれたり落ちたりしており、シートも破れ 野地板が露出 雨で傷んだ状態のため、踏み抜きの危険があり ほぼ歩けない状態でした。 依頼者のお母さんと娘さんに屋根の上の状態を写メで見ていただき、状況を説明。 大切なものや貴重品等はすでに運び出しが終わっているとのこと。よく聞くと「何もしていないから危ない!」と隣人の方に言われての依頼とのことでした。 野地板が危険な状態のためブルーシート張りはできないこと。 落下の危険のある瓦は処理が終了したということをお伝えしてご了解いただきました。 隣家の方にも地上からみえている瓦は釘打ちしてあるので落ちないことを説明させていただきました。 無理をすれば なにがしらかの方法があったかもですが、危険な状態だということをご理解いただけてよかったです。 隣家の方への対応をしたことにも喜んでくださいました。 「早く解体日が決まると良いのだけれど」と言われていた事に 罹災証明で納得してみえない隣と軽い損傷だった隣の方に挟まれご苦労されているのだなぁと思いました。 3軒目 活動人数7人+愛知人 赤池代表 倒れかけたコンクリートブロック塀の撤去。隣のネットフェンスに もたれかかり ネットフェンスも歪んでいる状態。 ネットフェンスと添っている部分はハンマーが使えないため削岩機で破壊 バールで解体。 軽トラへの積み込みも並行作業。 終了後 歪んだフェンスを全員+ご主人で押して 直すことができました。 直ったときの依頼ご家族みなさんの笑顔が印象的でした。 軽トラから解体したブロックをガレ置場に下す作業が諸事情で2人のみになってしまったのが申し訳なかったのですが 無事終了していただきました。 今回 初参加メンバーの山本さんがもと屋根に上がるお仕事だったため 屋根の状態の判断 作業手順 そして作業もお任せしてお手伝いをしながら歩き方から勉強させていただきました。 ・シート止めの土嚢袋ものせすぎると屋根の負担が大きくなるので、土嚢袋の重さや数にも気をつけないといけないとのこと。 ・ずれ方によっては雨漏りしない場合もあるということ。 ・ハシゴから屋根に移る、屋根からハシゴに移る時が1番危険なので万全の対応をする必要があるとのことなどでした。 装備品で屋外用の丈夫で長めのタイラップを用意していたのが、脚立を固定するのに役立ちました。 固定ベルトもあると便利だということで次回には備えておこうと思います。


【堀さん】 6/19

おはようございます。 明け方は雷と豪雨でどうなるかと思いましたが、今はやんでいます。テントの下まで水浸しですが。今日のDAWボランティアセンターにはFBで馴染みだったり久しぶりにお会いしたメンバーが揃っています。(^_^)


★この豪雨でセンターのテント3基が壊れたそうです

協賛団体・企業

patagonia.png
%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%
102706263_974946196255519_19068364985941
akaihane.png
nihonzaidan.png
real_style.png

Copyright (C) 2019 災害ボランティア団体 愛・知・人 All Rights Reserved.

愛知県春日井市上条町 5-100 栄林ハイツ第二 102
MAIL:aichijin0311@gmail.com

愛知けん君_吹き出し付.png