2021/9/2 令和3年8月豪雨(武雄市)

報告者:了戒


おもやいボラセンにてNGO結のマッチングに基づき床板(合板)剥がし、断熱材除去を実施しました。


①床板剥がし、断熱材除去作業

参加者5名全員で本ニーズに対応。

仏間、客間に、大工さんが開口部を施工したので、そこから断熱材を取り出して欲しいという内容であったが、直接の現調にはおもやいとして行けてないので、住民様に作業内容を確認しながら進めて欲しいという指示で、現場入り。


状況確認し、住民様にお話を伺うと、畳表面ぐらいまで浸水したとのこと。大工さんは畳下に張られた厚い合板は剥がすのは大変なのでそのままにしておくという意向であったが、断熱材除去と今後の乾燥促進を踏まえる合板は撤去した方が良いと判断し、大工さんに連絡をとっていただき合板剥がしの了承を得てから作業を開始した。


合板を剥がしながら断熱材状況を確認すると、防水シートが貼り付けられ、その上に断熱材を乗せた施工方法となっていた。そのため、水が断熱材、防水シートにそのまま保持されていた。基礎部分は水抜き口が施工されており、排水されていた。垂れる水を漏らさないように注意し断熱材除去を実施。


ご依頼として、仏間と客間の2部屋であったが、お家にはフローリングで廊下、居間、台所があり、同様の施工なら断熱材があるはずなので、おもやいボラセンに、現場状況の確認と住民様と開口部を新たに設けるかなどの今後の進め方を話し合ってもらうようにした。


愛知人としては、おもやいボラセンと住民様の許可を得て、本日できる範囲で床下に潜り、断熱材を除去を進めた。フローリング部分も同じ施行であり、防水シートをカットし断熱材とそこに含まれる水を極力一緒に動かす工夫をして進めた。

廊下部分の防水シート、断熱材を全部除去し床下作業は終わり、仏間に仏壇までの動線を作り、作業を終えた。



・ 愛知人では活動を支援して下さる方を募集しています。 寄付:https://www.aichijin.org/donation チャリティーグッズについて: https://www.aichijin.org/charity

愛知けん君_吹き出し付.png