2021/07/29 令和3年7月豪雨水害(沼津市)

床剥がし、床張りの継続案件1件、既に完了となっていたお宅の追加清掃、エアコン修理1件の活動を行ないました。

1軒目は昨日から床剥がしと床張りをしているお宅の続きです。 生活空間確保のため、洗面所の床剥がしを行いました。 また依頼主さんご自身で対応され、部分的に床を切ってあった和室は、家具を移動させながら床板を全てきり、コンパネを仮留めしました。順調に作業が進み、洗面所の床張りも完了、本日で対応を終えています。

お昼休憩のタイミングで住宅メーカーの営業の方が依頼者宅に来訪。ボランティアがどこまで対応するのかを確認したいとの事だったので、赤池ともう1名で対応させて頂きました。

2軒目は1軒目の隣のお宅。 生活空間以外は床を剥いで、ダクトファンを設置し、一旦完了としていたのですが、体の不自由な高齢者と娘さんの二人暮らしのお宅で、生活空間の床の泥の清掃は

「後は自分たちでやるのでもう十分です」

と遠慮され未対応だったため、気になっていたので確認に伺いました。

生活空間の部屋もまだ泥が残っていたためお手伝いを申し出ました。一旦隣の部屋に移ってもらい、家具の移動や清掃を実施。フローリングのクリーニングで完了となりました。

この他、別件で以前完了しダクトファンを設置しているお宅の乾燥具合の確認に伺いました。乾燥は完了していたのでダクトファンは回収。その際、エアコンの修理の依頼があったため、室外機の清掃・乾燥を行い、動作確認をして無事復旧することができました。

また現地調査を2件実施。1件は床下も乾燥していたので、住民さんに説明すると安心して下さいました。もう1件は今週末活動させていただく予定です。

現在のニーズの状況は 残ニーズ2件 消毒ニーズ2件 ダクトファン貸し出し5件

愛知人では活動を支援して下さる方を募集しています

寄付について: https://www.aichijin.org/donation

チャリティーグッズについて: https://www.aichijin.org/charity


愛知けん君_吹き出し付.png