2021/09/10 令和3年8月豪雨(武雄市)

報告者:了戒

おもやいボラセンのマッチングに基づき、廃棄金庫の運び出し、以前作業実施分のエアコン故障対応、壁剥ぎ作業、昨日分エアコン洗浄後の動作確認作業、カビ拭き取り作業を実施しました。

①廃棄金庫の運びだし 金庫の移動という内容で詳細は現地にて確認という事でお宅を訪問。 重量が3〜400キロはありそうなまぁまぁ巨大な大正以前の金庫で今回水没したとの事で、廃棄して欲しいとのことだった。

重量面、床框奥の床面が一段低くなってそこに設置されている点、居住スペース床は傷をつけない配慮面、床面から外地面までの高低差がかなりあることから、ボランティアでは傷つけたり危険も伴う為、重量物を扱う運送業者に依頼して対応してもらうようにした。

欲しいなら、どうぞあげるとの事なので興味があって運搬手段がある方は、早い物勝ちで!

②以前作業済みエアコン故障対応 9/5に動作確認済みエアコンが動かないとの事でお宅にうかがった。 冷えない、しばらくしたら電源offになるということで、その通りの症状であった。 再度、カバー類を外し確認すると、水も垂れてきた為、基盤もできる限り開けてブロワーを掛け、明日動作確認とした。

③壁剥ぎ作業 数日前に送風機状況確認、断熱材除去に伺ったお宅で、今回は各所の壁剥ぎのニーズで再度入らさせていただいた。 ニーズ票に基づき作業内容を住民様に説明いただきながら確認する中で、住民様が今後大工さんと改修の相談をされるとの事がわかり、大工さんの作業方針も踏まえて進めた方が良いと判断して、本日の作業は延期とした。

おもやいには、可能ならば住民様と大工さんの話の場に同席してもらいボランティアとしてできる事の範囲確認もしていただくお願いをした。

④エアコン動作確認 午後からは二手に分かれて、リョウカイは、昨日2台を洗浄したお宅へ動作確認にうかがい、2台とも無事に稼働した。

住民様に他にお手伝いできる事がないかをお聞きすると、壁にカビもはえてくるし断熱材が入っているかもわからない、床をどうしていけばわからない、誰に頼めば良いのかもわからないと、たくさんの事に悩まれていた。おもやいからは大工さんに相談する様に言われたが、建築した大手ハウスメーカーに頼むと高いかもしれないとも。

おもやいに、今一度、今の住民様のお困りごとを踏まえて建築士と共に訪問してもらうとした。

⑤カビ拭き取り作業 百田、濱田は、すでにおもやいから複数回作業に入り何箇所かは床剥ぎ仮床設置されたお宅の壁に発生したカビの拭き取り作業を実施。途中からリョウカイも合流。

ご高齢の住民様はお金が無いからもう壁をやり直す事はしないとの事で、浸水した合板や土壁、漆喰の壁はそのままにするとの事。

画像にある通りに、かなりのカビが発生し胞子も飛んでいると思われ、また壁の中も濡れたままと想像された。3人ともいろんな思いをいだきつつ、今できるカビ拭き取りをさせていただいた。オスバン希釈液を使用。

カビが無くなった部屋を住民様が見られて感謝のお言葉をいただきました。また来ますねと言う事しか出来なかった。

⑥その他 いろんなお宅に入らさせていただくと、それぞれのご事情が伝わってきます。作業も住民様の今のお気持ちをなんとか感じとりながら進めてます。ご高齢の被災者様が多いのも強く感じます。

あすも住民様が少しでも前に進めるように、作業させていただきます。




愛知けん君_吹き出し付.png