2021/09/18 令和3年8月豪雨(武雄市)

報告者:了戒


おもやいボラセンのマッチングに基づき、床下送風機設置&カビ取り作業、床下清掃作業、エアコン動作確認作業、押し入れ棚板&ベニヤ剥がし作業の計4件を実施した。


①床下送風機設置&カビ取り作業 愛知人として佐賀入りして最初に側溝掃除をしたお宅にて、今回は、まず床下での湧水の可能性がありとの事で、床板有りの為、潜って確認したら湧いていなかった。その後、潜りでカビ取りと送風機設置を行った。 湧水は無いが山際の立地であり湿気は多い為、カビはかなり生えていたが、今回除去完了し、送風機設置にて乾燥が進むと思われる。赤池、須藤、大久保、GOの長距離移動組にてこの大変なモグリを実施。

②床下清掃作業 九州仁山田・矢野・松野、愛知人濱田、了戒にて床下清掃を実施。 このお宅、以前に床剥ぎの作業させていただいたところであり、今回は仕上げとしての清掃ニーズであった。 まず、根太、大引をブラッシングし、その後、床下ゴミを片付けた。 ペール缶バキュームでの集塵が不調で全部手作業で対応した。

③エアコン動作確認作業 途中、了戒だけ分かれて洗浄後のエアコン動作確認を実施。残念ながら、ファンは動かず、基盤のLED点灯も無しであった。 住民様とお話しをすると、壁は剥がずにカビを拭き取り続けていて、かなり落とせたとの事。床下が乾かないので、それがなんとかならないか、でも週末しか戻ってこれないと悩まれていたので、おもやいに送風機設置や平日作業について住民様に連絡を入れてもらうようにした。

④押し入れ棚板&ベニヤ剥がし作業 最後の力を振り絞り、濱田、了戒にて実施。 おもやいが継続して作業しているお宅で、既に床剥ぎ、仮床貼りは行われていて、今回は、押し入れの中棚板がやベニヤ壁がカビがでているので剥いで欲しいとのニーズ。 状況を確認すると押し入れ中段の板がカビが生えていたがまだまだ丈夫であり、拭き取りだけで使い続けられると判断しご高齢の奥様に確認して残すようにした。同じく、押し入れ横の半間の中にある棚を撤去ニーズであったが上に貼られたベニヤを剥ぐと昔からの棚が現れ、こちらもしっかりとした材であり、カビを取ればまだまだ使えるので残すようにさせて頂いた。

⑤今日感じた事 昨日までの台風到来もあってか、今日お会いした住民の方々に心労がたまっていることを、会話の中で強く感じられた。 発災直後の至急の対応が終わって、これから続く自身がやっていけない事を、重く抱え込んでいるようにも感じられた。 おもやいボラセンに、作業の際に伝わってきた住民様の思いを受け止めてもらうように心がけていく。




愛知人では活動を支援して下さる方を募集しています

寄付について: https://www.aichijin.org/donation

チャリティーグッズについて: https://www.aichijin.org/charity

愛知けん君_吹き出し付.png