2022/3/23 福島県沖地震(桑折町)

報告者 岩品


昨日からの降雪により、午前中は親綱張りなど、屋根上に上がらない作業を行う。

屋根上の雪が溶け、瓦が乾き始めてから屋根上作業に取り掛かる。

棟は完全に崩れており、屋根の大部分もズレたり割れたりしており、揺れの大きさを感じました。


昨年の地震より、東日本の時よりも大きく揺れたと家主さんは仰っておりました。

取り掛かりが遅かったせいか、作業が夕方までかかってしまいました。


明日の朝、最終チェックと片付けをしに行きます。



愛知けん君_吹き出し付.png