top of page

2023/1/21 令和4年福島県沖地震(桑折町)

報告者:殿村

メンバー:

(桑折町社協)浜田さん、大槻さん

(愛知人)赤池、多湖、野間口、神原、佐々木、原、今野(桑折愛知人広報担当)真栄城、岡村、鈴木、殿村


昨夜からの暴風。目が覚めると桑折社協さんが準備して下さったホタピーハウスの拠点から見える雪景色の美しさに感動しながら、桑折社協に集合。

今日は名古屋第二便のナッちゃん、原さんがAM3時に到着。


東京からは真栄城さんと岡村さんも駆けつけて下さりました。


昨日からの継続で、今日は南面の壁制作。野間口さんと神原さんが試行錯誤した壁に明かり取りの窓もはめ殺しですが、なんとか取り付け完了。


同時進行で内装のボード張り、外壁防水ペンキ塗り。

赤池代表、今回の要請にはなかったが、去年の地震で機能不全になった玄関のブルーシートもなんとかしてあげたいとの事。


どちらにしても、動線確保の為に玄関の片付けも必要なので、壁も制作。

玄関の壁を作るなら何とか出入り出来るように可動の簡易扉を付けたら、被災者さんにとってちょっとでも生活しやすいのではと思い、簡単な蝶番をつけてドアも出来ました。


最後に被災者さんに挨拶すると、2日前の時からは考えられないくらい感謝の感情の表出。

私自身も久しぶりにボランティアで感無量になりました。

生活が大変なのは間違いないのに、お歳暮ですからと最後にはビールを1ケース下さいました。

たすける側が、実は本当はたすけて頂だいている。


どれだけ被災者さんに想いをはす事が出来るか。ボランティアの奥深さ、素晴らしさを再認識する2日間でした。

---------------------------------------

・ 愛知人では活動を支援して下さる方を募集しています。

チャリティーグッズについて: https://www.aichijin.org/charity


Comments


愛知けん君_吹き出し付.png
bottom of page