top of page

2024/5/30 令和6年石川県能登半島地震 珠洲市

2024年5月30日(木曜日)149日目

活動人数9名

作業班活動件数2件、完了件数2件

Aチーム

メンバー 塩竹、保っちゃん、レイア、漆崎

活動場所 宝立町

朝イチで、土壁が一部落ちてしまって、雨風や鳥が出入りしてしまうようになっていた建物の応急処置を行ってきました!

まず、2人がハシゴを上り、胴縁(シートを押さえる当て木)の長さやシートのサイズを測り、残りの2人がそれに合わせて切って、上の2人に渡し、ビスどめしました。

約1時間で、無事終えることができました。

帰り際に、在宅避難中の家主さんが見に来てくださり「これで一安心です。良かったです、ありがとう」と笑顔を見せてくださりました。

短い時間ではありましたが、その地に暮らし続ける方々の安心をほんの少しずつでも取り戻すために、必要なお手伝いだったと感じています。

(報告者 レイア)

Bチーム

メンバー 桑井、児玉、大力、水谷、芦谷+Aチーム

活動場所 上戸町

昨日(5/29)からに引き続いて同じ家のブロック塀の解体作業。

残りは 10mほどですが、住宅と近接し、作業できるスペースはかなり狭く、窓ガラスを割らないように注意しなければなりません。

そんな難しい場所でしたが初めの1時間ほどは綾部組の5名のみで作業。

昨日初めてはつり機を使ったメンバーばかりでしたが少し慣れて、少しずつですが解体は進行。

グラインダーのバッテリーを忘れるというミスで停滞もありつつも、その後、ベテランメンバーが合流してから、そのあとは驚くほどスピードアップ。なんとか12時過ぎに解体し終えることができました。

綾部組は午後には帰路につかなければならず、終わらないのでは?と思っていたので無事に終了してよかったです。

最後、慌てた気持ちがあり丁寧さに欠けたところがありました。

安藤さんが掃き掃除をされていて学ぶものがありました。

ボランティア初体験の若者含め皆、大変学びの多い充実した3日間だったと感じていると思います。

(報告者 児玉)

午後は保っちゃん、塩竹、レイアの3人で、ボランティアで使えるならどうぞと地元から材木の提供があり、岩坂町まで取りに行きました。屋根のシート張りの際の胴縁に使えそうな長物をいただきました。4〜5本ずつに束にして資材置き場に整理しました。大事に使わせていただきましょう!

(報告者 レイア)

---------------------------------------

・ 愛知人では活動を支援して下さる方を募集しています。

チャリティーグッズについて: https://www.aichijin.org/charity

Commentaires


愛知けん君_吹き出し付.png
bottom of page