top of page

2024/6/2 令和6年石川県能登半島地震珠洲市

2024年6月2日(日曜日)152日

活動人数28名

作業班活動件数3件、完了件数3件

Aチーム

メンバー 赤池、佐々木、原、伊藤、平野、三浦、池口真、池口美

活動場所 若山町

活動内容 屋根裏の壁撤去、ターポリン張り

若山町南山のがれき撤去とターポリン張りを行いました。美術館のような大きな立派なお宅で、高齢のおばあちゃんと娘さんの2人だけで住んでいるとのことでした。2階の屋根裏に行かせていただいところ壁が剥がれていました。壁に残った釘を抜き、大きな蜂の巣も残っていたので綺麗に取り、ターポリンを張りました。剥がれ落ちた壁も回収しました。回収したがれきは大体軽トラ1台分でした。がれき撤去とターポリン張り終了後に天井板の隙間から落ちた作業くずを清掃し作業完了でしたが、家主さんからの追加依頼で1階の壁が剥がれたところのターポリン張りと壁が取れかかっているところの補強、食器棚の引き戸の修理、お庭にあるお地蔵さんの石の屋根の乗せ直しを行いました。依頼してくださったおばあちゃんには何度も感謝してくださり、娘さんも「こんなによくしてくださって泣きそう。」と言っていただきました。依頼宅に行く道中では土砂崩れが起きているところが多く見られ、道路が一部落ちているところもありました。5ヶ月たってもまだまだ。と感じました。

私自身、初めて災害ボランティアに参加しました。たった2日間しか参加していませんが、この2日間で多くのことを教えていただきました。

(報告者 池口)

Bチーム

メンバー こんちゃん、鈴木(淳)さん、キョンさん、辻井さん、エイミー、みねちゃん、セイちゃん、相澤さん(午後)鈴木、殿村

活動場所 蛸島町

活動内容 ブロック塀解体

朝の班分けで、男子2名女子7名。長期滞在を中心としたメンバーとはいえ、ハツリ機メインの現場に女子が多数。一見天国に見える班編成をした保ちゃんを恨みつつ、現場に入ると、家庭にストレス!?が多い女性が多いのか、朝から雨の中ガンガン、ハツる、ハツる、叩く、叩く、、、

12メートル余りのブロック塀をほとんど半日で玉砕。午後から門柱部分は少し手こずるも完了。

(報告者 殿村)

Cチーム

メンバー 相澤、永田、松本、塚田、まいまい、おっくん、かなさん、たもっちゃん、たっきー

活動場所 蛸島町

活動内容 ブロック塀解体

家主さんは仮設住宅で生活中で、自宅は解体予定。最初に一番長い塀を両端からと、離れ小島の短い塀を解体。ハツリ班とブロック処理版に分かれて作業。休憩時間に、ハツリを途中で交代する意見が出たので、ハツリ+ブロック処理をペアにして、時間を決めて交代することに。次に隣の家との境の塀を両端と真ん中から解体。隣の家の保護のためコンパネを使用。その間残りのメンバーで、最初に解体したブロックの場所に回収してもらうブロック置き場を作る作業を並行した。家主さんもハツリが使える方だったので、10人目のメンバーとして大活躍!今回は全員リーダーで、意見を出し合いながら作業ができたのでとてもスムーズだった。

(報告者 滝山)


Comentários


愛知けん君_吹き出し付.png
bottom of page