11/3 令和元年台風15号・19号(富津町)

富津社協に寄せられるニーズは数も減り、住居以外の倉庫や別荘なども含まれることが多いところ、住宅を優先して対応。

朝は一日中曇りの予報だったが、途中から霧のような雨。シートを剥ぎ、養生してしまったため、続行。

シートは貼ってあったが雨漏りがするというので、開けてみると棟が広範囲に失われて割れ瓦も放置されていた。斜面の一部は大きく瓦が失われて、面的な対応が必要。


棟、斜面破風側、斜面で面的に失われた部分に養生を施し、両斜面に大きくブルーシートで覆う。固定は、破風の片側は野地板ビスどめ、斜面中断にキャッチャー、末端は野地板に土嚢。棟の上に土嚢。縦の両端に土嚢。

傾斜は標準的であったが、光沢のある瓦である上に、溢れた土に霧雨による湿りが加わり、滑りやすく、移動に難儀した。しかも、載っていた土嚢が極端に重く、中には20キログラムの砂袋をそのまま入れたものがあり、然もUV仕様でない土嚢が使われていてすでにぼろぼろ、UV仕様への入れ直しを迫られた。


しかし、50台の奥さんの話に驚いた。リフォーム屋さんにブルーシート張りを頼むとガムテープで留めて、素人目にも飛ぶな、と思ったら、案の定、飛んで再度頼むも、やはりガムテープ。仕方なく自分で二階から土嚢を運び上げ、ブルーシートに載せたという。よく分からなかったので20キロの袋入りの砂をそのまま、市の支給の土嚢袋に入れたという。それでもブルーシートが飛ばされたので、86歳の腰の曲がったおばあちゃんも屋根に登って直したという。社協に頼んだら200軒待ちと言われたが、来てくれて嬉しい、と繰り返し語っていた。


屋根の作業においては、ベトナムから来てくれた女性が、時間ギリギリまで、インパクトでネジ留めをしてくれた。日本人でも屋根作業に取り組んでくれる人も限られる中、こんな人達がいることはありがたいです。



協賛団体・企業

patagonia.png
%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%
102706263_974946196255519_19068364985941
akaihane.png
nihonzaidan.png
real_style.png

Copyright (C) 2019 災害ボランティア団体 愛・知・人 All Rights Reserved.

愛知県春日井市上条町 5-100 栄林ハイツ第二 102
MAIL:aichijin0311@gmail.com

愛知けん君_吹き出し付.png